巨乳女子大生羞恥撮影あすか

1年S組高橋真弓のおしおき2~羞恥フルコースの刑!の巻

「淫肛奴隷ミク」と同時期にSCRUMさんで「穴牝奴3 おしおき教室」を撮り、それからこの「巨乳女子大生羞恥撮影 あすか」が発売されるまで、ちょうど1年も空いてしまいました。でも実は「あすか」は、このすぐ後に撮影は済んでいたんですね。つまり私は、撮影はしたものの編集を一年も手を付けなかったのでした。編集用のパソコンの調子が悪くなってしまったのが主な原因だったのですが、他にもプライベートで色々大変だったりと、AV監督としてのテンションが落ちてしまっていたのです。一度、落ちてしまうと、再起動するのに時間がかかってしまうのですよね。

しかし、ふと、この「あすか」の撮りテープを見たら、なんとも素晴らしい出来だったことを思い出し、やる気が蘇ったのでした。一年近くもかかってしまいましたけど(笑)。

主演の森元あすかさんは、HMJMのカンパニー松尾監督の作品に出ていたのを見て人目惚れした子です。むっちりとした色白巨乳というのは、私の本来の趣味とはちょっと違うのですが、その作品で彼女が醸し出しているM女のオーラが、すごかったのですね。ああ、この子をいじめてみたい。そう思って、出演をオファーしてみました。

実際の森元あすかさんは、とても真面目な現役女子大生で、なおかつ興味があってAVの仕事も楽しんでいるという女の子でした。そして画面で見る通りの、ほんわかしたムードがなんとも可愛らしいのです。

それでいて、そのMっ気は相当なものでした。何しろ言葉責めだけで、糸を引くほどに濡れまくってしまうのですから。こんなに濡れる子は初めてでした。

あすかさんは、浣腸はもちろん、アナルへの指入れなどもNGという子なので、いつもの電人作品とはちょっと違ったアプローチになっているとは思います。

男優さんを起用した普通のセックスシーンがあるのも初めての試みです。以前ベイビーさんの二部作でも男優さんを使っていますが、あれはアナルレイプでしたし。

とは言っても、私に言葉責めされながら、泣きべそをかきながらのセックスなので、あくまでも羞恥プレイの延長ではあるのですが。

本作のストーリーは、どうしてもお金が必要になってしまった女子大生がいやいやながらAVに出演するというものです。「いやなら、帰っていいよ。お金は払わないけど」と言われながら、恥ずかしさに耐えて痴態を晒します。

カメラの前で服を脱ぎ、自ら前後の秘穴を晒し、そしてオナニーをさせられます。驚いたのは、前述のとおりに、初めて股間を広げさせた時、まだ指一本触れていないのに、そこが糸を引くほどに濡れていたことです。言葉責めされ、見られただけで、そんなに感じてしまっていたのです。これは私も興奮してしまいました。

その後は、プロの男優さんとのセックスです。若いあすかさんとの対比を出したいと、オヤジ系男優として大活躍している杉浦ボッ樹さんにお願いしました。さすがはプロの男優さん。見事なスケベおやじっぷりと、流れるようなカラミ。撮影しやすくてビックリしました。見たいところ、撮りたいところを、しっかりと見せてくれるんですね。

考えてみると、私がプロの男優さんを撮るのは初めてのことなんですね。ベイビーさんの二部作では、撮影はカメラマンの方にお願いしましたし。ああ、プロの男優さんに任せると、こんなに楽なんだなぁと実感しました。しかし、杉浦さんが私より年下だと、聞いてちょっとショックを受けました(笑)。

そして大の字拘束での筆責め。なんだかんだ言って、やってることはいつもの電人作品とあまり変わらないかもしれないですね。

これまた、あすかさんの反応が素晴らしくて、筆責めでアソコはまたもビショビショになってしまいました。

ラストはブルマー姿でもハメ撮りです。まぁ、これもご愛嬌ということで(笑)。プロの男優さんのすごいカラミを見た後だと、もうお恥ずかしいの一言です。でも、その分、かなり生々しいものにはなっていると思います。

 

アナルプレイがない(肛門自体は、ドアップでかなりじっくり見せてはいますが)ので、そちら方面がお好きな方には不満もあるかもしれませんが、羞恥という面では、今までで一番上手く描けたような気がします。

 

とにかく、森元あすかさんの恥らいっぷり、感じっぷりが素晴らしいのです。そして何よりもその肉体。むっちりとした色白巨乳は、あまり趣味ではないと書きましたが、実はこの撮影で完全に目覚めました。すごくいいです(笑)。エロティックです。貧乳も好きですが、巨乳もいいものだと思い知りましたね。

 

色々な意味で、電人ワールドの入門編としては最適の作品になったと思います。

2011年6月発売

巨乳女子大生羞恥撮影あすか サンプル動画

巨乳女子大生羞恥撮影あすか

巨乳女子大生羞恥撮影あすかのDVDパッケージ

クリックで拡大します。もう1回クリックで閉じます。

  • DVD発売日:2011年6月発売
  • 収録時間:140分
  • メーカー:小林電人
  • 監督:小林電人
    品番:DJ-007
  • DVD定価:5,250円(税込)
  • ダウンロード価格:1,980円(税込)
  • ダウンロードで購入
  • 公式通販サイトルーダスで購入
  • amazonで購入
  • DMM.comで購入

魂の暗部を狙撃するWEBスナイパー

WEBスナイパーで 官能小説を好評掲載中!毎週月曜日更新!小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!

小林電人について

 

AV監督・SM小説家。でも本業は都内で家電店を営む40代自営業者。長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった。WEBスナイパーではSM小説も連載中。

商品についてのお問い合わせは info@den-jin.com
までメールを下さい。